カードローンの審査で嘘をついたらばれる?

カードローンの申し込みの時、「ちょっとくらいなら嘘をついてもばれないかな」と思ったことありませんか?
カードローンの審査では、名前や住所、年齢の他、年収や勤め先など、様々なことが審査されます。
収入を少しでも多く申告したほうが、多く貸してもらえるのではないか、勤務先が大手にしたほうが審査に通りやすいのではないか、借金の額は少なく申告したほうがいいのではないか。
ざまざまな思いがよぎりますよね。
しかし、カードローンの審査で嘘をついたら絶対にいけません。
一番多い嘘は、収入の虚偽申告です。
収入が多いほうが、借り入れはしやすくなると思います。
収入証明のいらない場合もありますので、収入を高く申請してもばれないかもしれません。
しかし、相手は審査のプロです。
あなたの申請に何か不信な点があれば、すぐに追加の書類提出が求められます。
記入会社には膨大の量のデータがあり、あなたのステータスでそこまでお金を借りることが可能なのか、本当にその年収があるのか、わかってしまうのです。
勤務先の虚偽記載も問題です。
勤務先には、在籍確認を行うことがあります。
もしも電話をして、あなたの存在が確認できなければ、うそをついたことがすぐにばれてしまいます。
一番やってはいけないのが、現状の借り入れ金額の虚偽申請です。
他に借金があると、その情報は信用情報に載っていますので、すぐにばれてしまいます。
そして、借金があるのに嘘をついているとわかったら、間違いなく審査には通らないと思ってください。
では、なぜ嘘をついてはいけないのでしょうか。
実は、カードローンの会社は、あなたが嘘をつかない信用できる人間かどうかということを一番に見ているのです。
お金を貸すということは、ある程度のリスクがありますよね。
もしかしたら、返ってこない可能性もあるわけです。
それでも貸そうと思える人物、つまり、信用のおける人物なのかということなのです。
嘘をついているとわかったら、もしかしたら自社にも嘘をつかれるかもしれないですよね。
ということで、今すぐお金を借りるには正直が一番。
カードローンの審査で嘘の申告は絶対にしてはいけません。
正直に申告して思ったような金額を借りることができないかもしれませんが、それがあなたの返済できる上限だと思ってください。
カードローン会社はプロですので、あなたにどの程度の返済能力があるのか、統計的にわかっています。
借りられる範囲内で借りてしっかり返済。
信用度が増せば、さらに借りられる可能性も高まりますよ。