新車の買い替えも車の査定次第

トヨタ自動車の2BOXにラインナップされているスペイドは、2012年に販売がスタートした新シリーズであります。
同時期に販売が開始されたポルテは姉妹車にあたるため、ボディタイプはよく似ています。
 
スペイドという名称には、トランプのスペードにあるクールなイメージにスペースとワイドという意味をかけています。
そのため姉妹車のポルテが可愛らしいデザインでありながら、スペードはヘッドライトの部分が角ばった?の形にも見えるデザインになっています。
 
ボディサイズは全長3995㎜×全幅1695㎜×1696㎜の4ドアハッチバックになっています。
スペイドはエクステリアに特徴があって、運転席側にドアが2つと助手席側に大型スライドドアがついています。
 
大型スライドドアは、開口した時に幅1020㎜、高さ1250㎜が用意されていており、地上高300㎜と低重心なので乗り降りがしやすいというメリットだけではなく、荷物などを積載しやすい設計になっています。
しかもこのスペイドの素晴らしいところは、名称どおり広い室内空間がが用意されていて、室内長2160㎜室内幅1440㎜室内高1380㎜の中では低学年の子供が悠々と着替えができるほどです。
 
それ以外にも助手席のスライド幅が700㎜なので、ダッシュボードの下に折りたたんで収納することもできますし、リアシートにぴったりひっつけることもできます。
ファミリーカーとして容量たっぷりありますし、シートアレンジが多彩なので長年利用できる車だと思います。我が家もこのサイトを参考にして高値で下取りに出せたらスペイドを購入したいと思っています